中目黒Solfa(中目黒ソルファ)

  • Solfa公式Twitter
  • Solfa公式Facebookページ
HOME > SCHEDULE

SCHEDULE

10.27 Fri 2017

OPEN 21:00

Bjørn Torske Japan Tour 2017 in Tokyo

DOOR:3,000YEN , WITH FLYER 2,500YEN , BEFORE 11PM 2,000YEN

GENRE:HOUSE , DISCO , TECHNO

10.27omote 10.27ura

 

-ROOM 1-

Bjørn Torske(Smalltown Supersound, Sex Tags Mania/Norway)

CMT(POW WOW)

TAIGA a.k.a. AOLA(THE OATH)

KENGO(Block Party)

U-T(flashin’)

 

-ROOM 2-

MORIHIRO (Lighthouse Records)

OBP, FCD, Hide Futagi (Slow Mo)

HIROMI NOGUCHI (IN THE HOUSE/SPEAKEASY)

boys be kko(Kids Return) -LIVE-

u come on! (flowers in cave)

Yasuyuki Nakagawa(Sanctuary)

 

<FOOD>

中目黒 lounge

 

 

Bjorn

□Bjørn Torske (Smalltown Supersound, Sex Tags Mania/Norway)□

Bjørn Torske(ビョーン・トシュケ)はノルウェーのダンスミュージック界のゴッドファーザー的存在である。

Mental Overdrive, Biosphere, Royksoppといったノルウェーのエレクトロニックミュージックのパイオニア達を輩出し、白夜やオーロラを体験出来る観光地として知られる町、ノルウェー北部Tromsø(トロムソ)出身。

1991年にAlegriaという名義でベルギーのSSR Recordsからデビュー。オランダのレーベルDjax-Up-Beatsが彼の才能に目を付け、Djax-Up-Beatsからシングルをリリース、そして当時4HeroのMarkとDegoによって運営されていたReinforcedからもシングルをリリースをした。1995年にIsmistik名義でDjax-Up-Beatsからアルバムを出した後、ビョーンはノルウェー西岸の街ベルゲンに移る。現在ベルゲンはSex Tags Maniaの拠点の一つでもあり、ビョーンもSex Tags Maniaから数枚のシングルをリリースしている。

1998年、FeroxからBjørn Torskeとしてのファーストアルバム『Nedi Myra』をリリース。

1999年にリリースしたシングル”Sexy Disco”は、後にトッドテリエがディスコに興味をもつきっかけとなった一曲として知られる。

2001年、ベルゲンのレーベルTelléからセカンドアルバム『Trøbbel』をリリース。2007年、Smalltown Supersoundからサードアルバム『Feil Knapp』をリリース。

2010年には同じくSmalltown Supersoundからアルバム『Kokning』をリリースし、『Kokning』はノルウェー国内だけでなくPitchfork等でも高い評価を得た。

2017年7月、 Prins Thomasとのコラボレーション・アルバム『Square One』をSmalltown Supersoundよりリリースする。

http://www.smalltownsupersound.com

https://www.facebook.com/bjorntorske

 

 

 

img_2632_med_hr

□CMT(POW WOW)□
HOUSE/DISCO/TECHNOを中心に、豊かなストーリー性とミックススキルに裏打ちされたオリジナルなプレイスタイルでオルタナティブ・ダンスミュージックの新たな地平を開拓。
主宰/レジデントパーティ、”POWWOW”を全国各地で開催。2017年東高円寺GRASSROOTSにて新パーティ”TOTEM”スタート。
その活動は国内パーティ/フェス等に留まらず、これまでにアメリカ”BURNINGMAN FESTINAL”、オーストラリア、イギリス、ロシアでもプレイ。2017年6月、近年アジア最重要にして最狂の魔窟と言われるベトナムのアンダーグラウンドクラブ、”The Observatory”出演予定。
現在までにBLACKSMOKER RECORDS,GRASSWAXX RECORDINGS、AVEX ENTERTAINMENT等、様々なレーベルからオリジナル/リミックス12インチ、MIXCDを発表。中でも自身が主宰するDIYセルフレーベル”SBM recordings”からリリースされているMIXCDシリーズは、幅広い層から絶大な支持を得ている。

http://www.sbmrecordings.com/

 

jpguTb2016021811

 

□TAIGA a.k.a. AOLA(THE OATH)□

2000年よりDJを始める。ターンテーブルより繰り出される音は、唯一無二のカラフルな世界観。独自のフィルターを通したAMBIENT,DISCO,REGGAE, JAZZ,HOUSE,TECHNO,など、現場の状況に合わせた何処か土着的で官能的な選曲眼と繊細なフロアコントロールは各現場からの信頼も厚い。現在も大小問わず日本中のCLUB Party、野外フェスティバル、芸術祭等に参加し続けており、活躍の場は多岐に渡る。2008年9月にはKasmisouRecordsよりDub、Minimalで構成されたMixCD「Into The AnotherWorld」をリリース。

現在は東京青山の老舗”OATH”にて毎月第2金曜日”THE OATH”のレギュラーDJを担当。

 

20479692_1583204078358574_2047273245633991201_n

□Kengo (Block Party)□
雑食性の強い東京で98年からDJとして活動。めまぐるしく開催される著名DJたちの来日公演をフラットな視点で体験・吸収していくうちに、特定の地域性やジャンルにフォーカスし自身をカテゴライズすることから離れ、自然な積み重ねにみちびかれて個性を培ってゆく。老舗ハウス箱Loopに通い始めた00年以降、情感的なNYハウスから多くの影響を受けつつも、ヨーロッパ・スタイルのハウスやテクノ、ディスコ・ダブそしてダンス・クラシックス、ソウル、ファンクといった生音系など、幅広いジャンルから選曲。にもかかわらず彼のDJには一貫性があり、やわらかく、暖かい。それを「都市で生きるために必要な優しさ」に似たものだとするならば、彼のダンス・ミュージックは「東京が生み出したひとつの音楽表現」に他ならない。

 

U-T①

□U-T(flashin’ / tite-line)□

長野県長野市出身。2003年よりDJとしてのキャリアをスタート。長野県を中心に様々なPARTYへの出演、オーガナイズを経て、2010年より活動の拠点を東京に移す。長野県在住時には多くのパーティーやアーティストと触れ合う事で多様な音楽経験を重ねる。現在もflashin’@長野ROOTSgarden@青山OATHという異なる都市でのパーティーでレジデントDJを務めている。2014年からはSALTICA@中目黒solfaのオーガナイズを務め、場所を問わず活動中。

https://www.facebook.com/nagano.flashin/

PAGE TOP