中目黒Solfa(中目黒ソルファ)

  • Solfa公式Twitter
  • Solfa公式Facebookページ
HOME > SCHEDULE

SCHEDULE

09.01 Sat 2018

OPEN 22:00

HOPE

DOOR:2,500YEN , WITH FLYER 2,000YEN

GENRE:TECHNO

36838635_883096548560686_6438577944355930112_o

 

<room1>

HARUKA(FUTURE TERROR)

Shigeo(live-set)

Stefano Lotti

TOMO HACHIGA (Hydrant)

AKARI(SUNNY)

 

<room2>

Karinga

 

<photo>

Hiroki Kaneko

Yuichrou Hamura

 

<art>

Takumi

 

◻︎Haruka(FUTURE TERROR)◻︎

In recent years Haruka has established himself at the forefront of Japan’s next generation of techno DJs. Since moving to Tokyo at the age of 26, he has honed his skills as a DJ through becoming a resident DJ and co-organizer of DJ Nobu’s infamous Future Terror parties. He has played throughout Japan, including appearances at most of the major clubs in Tokyo – such as Unit, Contact, Dommune – as well as at the Fuji Rock and Rural festivals. Haruka has distinguished himself through his versatility as a DJ, with the ability to play carefully crafted opening sets, driving and powerful techno in peaktime slots, as well as afterhours sessions or more experimental explorations. These skills have also been displayed on mixes for the Juno Plus, Clubberia and Electronic Explorations podcast series. Haruka commenced 2016 by playing an extended closing set at Future Terror’s New Year’s Eve party, an important moment in defining his musical trajectory for the year to come. (Text: Chris SSG)

近年、Harukaは日本の次世代におけるテクノDJの中心的存在として活動を続けている。26歳で東京へ活動の拠点を移して以来、DJ Nobu主催のパーティ、かの「Future Terror」のレジデントDJおよび共同オーガナイザーとして、DJスキルに磨きをかけてきた。彼はUnitContact TokyoDommuneなど東京のメジャーなクラブをはじめ、日本中でプレイを続けている。また、フジロックやRuralなどのフェスでのプレイも経験。Harukaは、緻密に構成されたオープニングセットからピークタイムのパワフルで躍動感のあるテクノセット、またアフターアワーズや、よりエクスペリメンタルなセットへの探求を続ける多才さで、幅広いパーティで活躍するDJだ。このような彼特有の持ち味は、Electronic ExplorationsJuno PlusClubberiaのポッドキャストシリーズに提供されたDJミックスにも表れている。2016年のFuture Terrorニューイヤーパーティで披露した長時間のクロージングセットは、彼の音楽的な方向性を象徴するとりわけ重要なセットであり、現在のプレイにも繋がるものである。(Text: Chris SSG / 日本語訳: 新山 佳子)

 

◻︎Shigeo(スケボーキング, Steady & Co, ,The SAMOS, Fake Eyes Production, ATOM ON SPHERE, )◻︎

プロデューサー ・サウンドクリエイター

スケボーキングの中心人物。現在はミニマルブレイクビーツユニット mold, ニューウェーブバンド The SAMOS を中心に活動し 作詞、作曲だけではなく、アートワークやPVのディレクションなどクリエィティブ全般をプロデュースする。バンド活動以外でも、リミックスワークや嵐 , V6, 土屋アンナ, への楽曲提供、ファッションショー、アートインスタレーション、企業CMの楽曲制作など幅広い音楽活動を展開している。ex,SBKThe SAMOS, moldの他に、Steady & Co.(他にDragon AshKjBOTSRIP SLYMEのイルマリ)のメンバーでもあり、アルバム『CHANBERS』はオリコンチャート初登場2位を記録。また、Shigeoが持つ抜群のセンスはファッション業界からの注目度も高く、多数のファッション誌の表紙を飾り、現在は自身のブランド「Ratio」を立ち上げ多岐に渡る活躍を見せている。ぺニンシュラホテル ピーター music selecter

2011年に新たなBAND “ATOM ON SPHERE”を始動 1st ALBUMUNIVERSAL MUSICからリリース し、ライブを重ねるなど幅広い分野で活動している。2012DEXPISTOLSDJ MAARとともに Fake Eyes Production を結成 日本国内のビックフェス WombAdventure12&13, FUJIROCK’13, ULTRA,にも出演を果たしている。

近年では2014年に行われたGOOD CLICK CREATES GOOD MUSIC!キャンペーンでは小室哲哉氏との共演も果たしている。

 

◻︎STEFANO LOTTI (EQUILIBRIUM LAB)◻︎

Stefano Lotti is a contemporary DJ, Producer, Remixer, Audio Engineer and Label Manager. The love for electronic music hit him in his early youth: he f irst developed a strong interest in Techno music back in the days when it wasn’t enormously popular as it is today. In 2002 he successfully launched his career as a producer, releasing his f irst tracks.

A few years later he moved to Milan where he built his own studio. At the same time, he ref ined his producing techniques becoming an Audio Engineer. The discographic projects allowed him to expand his connections in the European circuit and around the world. In 2008 he started his own label “Rubber Band” releasing Techno tracks. Owing to this label, he worked with other highly infuential artists which lead him to export his concept of Techno music in Japanese and European clubs. Stefano has collaborated with several other underground international labels (such as Sleaze Recordings, Suara, Phobiq) and has remixed tracks from celebrated artists like Ilario Alicante, Mihalis Safras, Anderson Noise, Frankyeffe, Andrea Ferlin and Yone-Ko.

Since 2011, two exciting new projects have come to life: he became Label Manager of “Soundpark”, an Italian label that quickly gained worldwide acclaim; the following year, he created “Equilibrium Lab”.

In 2014 he joined a new project as label manager at Ribbon Recordings.

Currently he resides in Japan.

2002 年の初リリースを皮切りに、ヨーロッパの様々なレーベルからリリースを重ねるイタリア出身の DJ/ プロデューサー。

ミラノを拠点に llario Alicante, Mihalis Safras, Anderson Noise, Frankyeffe, Yone-Ko など有名なアーティストの曲のリミックスを手がけ、ヨーロッパを中心に活躍の場を広げて来た。

DJ としてもアジア・ヨーロッパ世界中のクラブからオファーを受けており、 DJ/ プロデューサーとしてその名を広げている。

東京へ拠点を移した現在、東京のシーンを代表する数々のビッグパーティに出演し、彼のプレイは着実に日本国内でも評価が高まっている。

これまで培った創造力と確かなテクニックで東京のテクノシーンに一石を投じる立役者の一人だ。

 

◻︎TOMO HACHIGA (HYDRANT)◻︎

Born in Tokyo. He had been educated for studio work at music school in 1997. Afterward, he had debut as Techno DJ in 1998 when a big Techno movement arrived in Japan. In 2003 He also started his own underground party -Fusion-.

He also make eort for producing his own tracks and has already been released several tracks so far. His style of sound is more focusing on dark side of industrial dance music. This type of producer is unusual in Japanese scene. Therefore he has become one of the men who got many attention from Japanese Techno scene as a new wave.He is minimalist.

東京都出身。1997年から音楽学校でSTUDIO WORKのイロハを学び、1998CLUBシーン全盛期にTECHNO DJとしてデビュー。20037月に「融合-fusion-」を開始。平日に500人以上を集客するモンスターパーティーにまで成長させた。重厚で硬質なミニマルサウンドを好み、緻密に計算された独特のEQ使いでロングミックスを完成させる。基本スタイルは4ch,External2008年からSOLSTICE MUSICRESIDENTS DJとして数々のBIG PARTYのオープニングアクトを務め上げた。脱退後「NO BORDERS」「NEOTOKYO.LAB」等を都内各所でオーガナイズ。現在はテクノパーティー「HYDRANT」を不定期で開催。それに併せて同名のレーベルも進行中。トラックメーカーとしては様々なレーベルから50タイトル以上をリリース。UNDERGROUND TECHNO MUSICを独自の目線で探求する孤高のミニマリストである。

 

◻︎DJ AKARI◻︎

2013年地元静岡拠点にDJをスタートさせ名古屋、東京、を始め日本全国で活動し、総勢3000人を動員したフェスや数々の大舞台でのDJ経験を持つ。

2016年春活動の幅を広めるべく拠点を東京に移動。

彼女の勢いは止まらず、20169月にはスペインibiza島、KM5で行われた”SUNNY×5 UP”で初の海外デビューにして若干20歳の若さでclubの聖地ibizaでのDJを果たす。

東京では渋谷を中心にクラブの現場は

オーバーグラウンドな大箱から、アンダーグランドな小箱、まで各所のclubplay経験を持ち、

更には様々な企業の展示会やレセプションパーティ、六本木ヒルズtusk bar

クラブイベント以外でもdjを担当し音楽で空間メイクを行なっている。

2017年10月には自身2度目のibizaの地でibiza DJ ツアー としてSUNNY villa partytanit beach club、のギグとibizaFM ラジオLOCA FM ibizaへの出演も果たした。

tech houseminimal technoのサウンドを中心に独自のgroove感とアグレッシブなプレイが彼女の武器。

2016年からは音楽制作をスタートし、クリエーターとしての一歩を踏み出した。

今注目のNEWアイコンである。

 

◻︎Karinga◻︎

90年代に活動開始後、野外~CLUBDJバー迄各所のホットなスポットでDJ活動中。

アンビエント、ダブ、テクノ、ハウス等様々な音楽をミクスチャー。

PUNKバンドのメンバーとしてかつてアルバムをリリースするなど紆余曲折を経て今に至る。

2011年~2016年までの6年間 OATHで開催されていた“REXITL”のレジデントを務め、

ZIPANG」、「wonderground」、「dub i dub」、「FUSION」等の様々な野外パーティー、

屋内型フェス「theCAMP」ゲイカルチャーパーティー「BALL

DOMMUNE」に出演

多岐な活動でいたるところで行脚中。

現在は第4木曜日bonobo”SOUL SESSION”に定期参加。

数年ぶりにトラック制作を再開。音と戯れる日々。

PAGE TOP