中目黒Solfa(中目黒ソルファ)

  • Solfa公式Twitter
  • Solfa公式Facebookページ
HOME > SCHEDULE

SCHEDULE

12.22 Fri 2017

OPEN 22:00

NAVY RAY

DOOR:DOOR ¥3000/AGWA 1SHOT TICKET , W/F ¥2500/AGWA 1SHOT TICKET

GENRE:HIPHOP/RAP/OTHER

171222_navy_ray_r_a3171222_navy_ray_5

2012年夏に中目黒solfaにてスタートし、hiphop,beat,bass music…解放された様々な音楽、ビートを展開してきたNAVYRAY.

2015年以降は、不定期開催ながらも約5年半 solfaを盛り上げ続けたパーティー NAVYRAYの開催が決定!

SpecialGuestは、DOZAN11 (ex 三木道三)、SHO a.k.a S.TIME、XLII (XXXSSS Tokyo)、MARZY!超豪華!!

そして2015年5月にゲストとして登場したDJ DIRTYKRATES a.k.a. ZEEBRAが再び登場‼

年末のスタートにピッタリなパーティーになること間違いなし!

 

<GUEST ACT>

DJ DIRTYKRATES a.k.a. ZEEBRA

DJ DOZAN11 ex 三木道三

SHO a.k.a. S.TIME

XLII (XXXSSS Tokyo)

MARZY

 

<ACT>

Ryoji

Yohei Torii

RyuZombie

youheyhey

Ryo Koiso

MOMI

Masaya

DIESEL

Surpass

Nova

Yuji

MIKOTO

MAREAM

ISPA

Funtheboat

richako

GAKU

uubra

Ray

Ryoma Noguchi

MidiKick

 

<promoter>
Rygano
Takeki

 

<food>

REX MEALS SHOP

 

<Product Booth>

BudHuman&co.

 

<photo>
Miki Iwasa

 

<artwork>

Mami Hanai

 

DIRTYKRATES_big

DJ DIRTYKRATES a.k.a. ZEEBRA

今や伝説と化したヒップホップグループのフロントマンとして名を馳せ、リアル・ヒップホップ・シーンの拡大に貢献した最重要人物。ソロ・デビュー後も常にトップの座に君臨し続け、その音楽性の高さやスキル、スマートなスタイルと圧倒的な存在感により男女を問わずリスナーの間でカリスマ的存在となっているヒップホップ・アクティビスト。

2010年「日本のヒップホップがCLUBでかからない」現状を打破すべく、”Mr.BEATS a.k.a. DJ CELORY”と、”DJ NOBU a.k.a. BOMBRUSH!”らと共に『KUROFUNE』と名乗るDJチームを結成し、『KUROFUNEFloor Invation Tour~』として全国18カ所のフロアをロックした。

純国産のヒップホップ/R&B/レゲエを巧みにMIXし、自らがMICを持ちオーディエンスを煽るパーティースタイルは唯一無二で、まさにオリジナルな存在として各方面から高い支持も受けている。

国産の音源プレイだけに関わらず、本来持つ音楽性を活かしたプレイも評判が良く、agehaArenaからCartieなどハイブランドのパーティーまでブッキングのオファーが相次いでいる。

また、麻布十番某所にて自らが主催する大人の男女が集うシークレットパーティー「SECRET LOVERS」を毎月第3水曜日に開催し、ヒップホップ・シーン重鎮が押し寄せている。

『不可能を可能にする日本人』として新たな挑戦をしているこの男から目を離すな!!

 

DOZAN11

DOZAN11

1995年、三木道三としてジャマイカの日本人レーベル[Jap Jam International]から「Japan一番」でデビュー。

その後立て続けにレゲエシーンでヒットを出し、ジャパニーズレゲエの勃興期を牽引する一人となった。

97年と98年にはFM仕立てのアルバム「MIKI FMMix Tape (Slow Cut Production)とCD (BANDAI / FLYING HIGH)を発表し、それに当時第一線のジャパニーズレゲエ、ジャパニーズヒップホップアーチスト達が参加し話題を集めたと共に、ユニークな歌詞とライブで幅広い層から人気を得て行く。

2000年、徳間ジャパン・コミュニケーションズから「斬る!ジャパニーズ」でメジャーデビュー。2001年、3枚目のシングル「Lifetime Respect」でジャパニーズレゲエ初のオリコン1位を獲得し、ミリオンセールスを記録する。

2002年、ワーナーミュージック・ジャパンに移籍。47都道府県ツアーファイナルの新宿LIQUIDROOM、大阪BAYSIDE Jennyでのライブ盤(CD,DVD)をリリース。その後活動休止に入る。

活動休止中は、”Dozan””Inspya”等の名義で、Moomin, BES, MUNEHIRO, RED SPIDER, Spicy Chocolate, MINMI等の作品で数多く作詞/作曲/プロデュースを手掛けた。

名前を”DOZAN11″に改め、ユニバーサル・ミュージック・ジャパンより201411月、アルバム「Japan be Irie !! 」をリリース。

 

SHO

SHO a.k.a. S.TIME

1982619日生まれ、飛騨高山出身、元アルペンスキー日本代表。

今現在HIP HOPアーティストにて活躍中。

またS.TIME STYLE RECORDSの代表、自身のS.TIMEブランドもプロデュースしている。

2007年、THE GAMEの目にとまりアジア人としては異例のTHE BLACK WALL STREETのメンバーとして8つのステージを共にした。

自身のレーベルS.TIME STYLE RECORDSからは、2008年~2010年の間にRIZE & PEACEBRANDENERGY3枚のオフィシャルアルバムを全国リリースしている。

アメリカNo1ヒップホップマガジンTHE SOURCEの誌面も飾る。

3rdアルバムENERGYからはEVEN IF IT ENDSの曲の人気が上がりカラオケの挿入歌となった。

2012年~2015年にはSTREET MONEY Vol 1Vol 2Vol 3Vol 4のストリートアルバム4枚をリリース。

HUSTLE HARDの曲ではMOBB DEEPHAVOCと、SHO名義でコラボを成し遂げアメリカのTHE SOURCEホームページにて取り上げられた。

通算CDセールスは5万枚突破。

2012年には、Youtubeにて365回のフリースタイル動画を公開して世界初の偉業を成し遂げる。

配信シングルではLive 4 Da MomentTOKYO TOWERの曲が、アジア人では珍しく世界で認められるハイセンスな曲となりSHOのオーラが全面的にでているMusic videoが多くの人々を魅了し、多方面のメディアから評価を得る。その後は、フジテレビ、テレビ東京、MTV、スペースシャワーなどにてMusic videoがオンエアされた。

またSHOのライブパフォーマンスの人気も高く、TYGAIYAZNEWBOYZTRAVIS PORTERROSCOE DASHWE ARE TOONZFATMAN SCOOPなどと共演をした。

SOULJA BOYとはアジア人初となるフリースタイルセッションを成し遂げる。

2015年にブームを巻き起こした「薬物はやめろ」ヤクブーツはやめろの曲が社会派ラッパーとしてビートたけしのテレビタックルにて取り上げられた。

また、グラミー賞3冠を獲得しているSKRILLEX2016年に「薬物はやめろ」を渋谷スクランブル交差点で共演した。SKRILLEXからもSHOのスタイルを素晴らしいと評価された。

2016210日にはTHE BESTアルバムを全国リリース。

同年、田村淳氏のテレビ番組に出演し、日本中でSHOの唯一無二のスタイルが話題になった。

更にSHOのシングル「ボウズにヒゲ」の曲がスマッシュヒットをし、EXILEAKIRA氏を筆頭に数々の著名人がハマり日本中に拡がり、2017年さらなるビッグヒットが期待されている。

今後もワールドワイドなSHOから目が離せない。

 

20160215-006A9324-1

XLII (XXXSSS Tokyo)

ー子供の頃から気づけば近くにあった数字、「42」をローマ数字で表したその名前は、日本ではシリーと呼ばれている。

10歳で母国ウクライナからイギリスへ移転。20歳からは日本に拠点を置き、世界レベルの音と感性に多くのフォロワーがいるアーティスト。ソロとしてのXLII名義の他に、DJ SARASAと結成した世界を躍らせるユニットXXXSSS Tokyo (エクセストウキョウ) としての活動も幅広い層から支持を受ける。

日本国内の現場を盛り上げるかたわら、ヨーロッパの数々の都市、インドネシア、シンガポール、中国、フィリピン、メキシコといった20カ国以上を廻り、ULTRA JAPAN / ULTRA KOREAを始めとするフェスでも暴動を巻き起こしている。ソロ活動意外にも、SHINGO☆西成、CHEHONDJ Kentaro I AM LEGION (NOISIA x FOREIGN BEGGARS) DMC世界チャンピオンDJ SHIFTEEBOK NERODim Mak)といった世界のタレントと共演している。また映画のサウンドトラックやCMへの楽曲提供で幅広い層に音楽を届けている。

2017年はDOZAN11(元三木道三)と遊助 (上地雄輔)とのコラボレーションがSony Musicより発売。並行してMINMIがヘッドライナーをつとめる FREEDOM青空フェスでは彼女のステージのミュージックデザインを手がけ、全国をツアー。フェスのテーマソングであるJUMP UPRed Spiderと共作し、ボーカル陣にはMINMI ATTACKDEM! APOLLOKENTY GROSSといったメンツを迎える豪華ダンスチューンとなった。20179月には、XXXSSS TokyoとしてULTRA JAPAN 2017に再び参加する。ニューシングル発売も期待される彼らから目が離せない。

 

Processed with VSCOcam with c6 preset

MARZY

Trap,Hip Hop,House,Bass Musicを軸に活動するDJ

幼少期から両親の影響で80’s 90’s Disco,Soulなど様々なジャンルの音楽に親しんで育った。

18歳でDJとしてのキャリアをスタートさせ、2012 ART COLLECTIVE &クリエイティブチーム PROPERPEDIGREE」に加入し所属DJ/Pressを担当

アメリカでの滞在経験からブラックミュージックの影響を色濃く受けているが、ジャンルに捕われないフレキシブルなミックスと類稀なMCスキルで、きっちりとフロアを盛り上げるのがMARZYDJスタイル。

2014年からは毎月開催されているイベント「VAMP」にてDJ Daruma, JOMMY , HABANERO POSSE ,DJ Alamakiなど

著名DJ陣と共に渋谷Club HarlemのレギュラーDJとして活動するようになり

毎月第一金曜日の「BORN FREE」など毎月のレギュラーイベントは5本を超え、DJとしては非常に多忙な日々を送っている。

また自らイベントオーガナイズにも取り組んでおり、2015年の2月から自身の看板イベント「#IGNOER」を中目黒Solfaで定期的に開催。

若手クリエイターやアーティストをフックアップし、次世代シーンに向けた新しいイベントを企画

SNSを中心に話題を呼び、回を重ねる毎に凄まじい盛り上がりを見せはじめている。

ファッション業界との関わりも深く、「Ollie Magazine」などのファッション誌や「M+RC NOIR」などのブランドや

セレクトショップが企画するパーティーやインストア・ショーケースにも度々出演している。

 

 

 

PAGE TOP