中目黒Solfa(中目黒ソルファ)

  • Solfa公式Twitter
  • Solfa公式Facebookページ
HOME > SCHEDULE

SCHEDULE

04.22 Sun 2018

OPEN 16:00

Nonlinear-nauts [exp.013] CHRA & FumitakeTamura JapanLive2018

DOOR:3500YEN wf3000YEN

GENRE:electronica,beats

 

29871694_882357731967029_5823106899271296306_o

電子音楽/音響~クラブサウンドを軸に実験的な取り組みや尖端的なスタイルを追求するアーティストのプラットフォームとなる『nonlinear-nauts(ノンリニアノーツ)』が、オーストリア・ウィーンの名門電子音響レーベル”Editions MEGO”のPITA aka Peter Rehbergと共にエクスペリメンタルバンド<Shampoo Boy>としても活動している《Christina Nemec a.k.a CHRA》、坂本龍一が主宰する”commmons”よりアルバム「BIRD」を発表するなど、常に挑戦的な作品のリリースを続けている《Fumitake Tamura》の両氏をメインアクトに迎え開催。
—–

メインゲストとなる《CHRA》及び《Fumitake Tamura》のライブセットでの出演はもちろん、東京を拠点とする音楽家Sokifによる電子音楽プロジェクトとしてダンサブルで美しいビートミュージックを追求しリリースを重ねている《RoKu》、Richard DevineやJimmy Edgarなどの数々のビックネームがリリースを行ってる名門レーベル<Detroit Underground>より作品リリースし、近年目覚しい活躍をみせている《Ikuko Morozumi / Iku》、ギリシャの首都アテネを拠点とする音楽レーベル<Electric Pressure>からのリリースも記憶に新しい《Distra》、京都発のエクスペリメンタル/エレクトロニカ・レーベル shrine.jp よりアルバムを発表している《Junya Tokuda》、阿木譲氏が運営するenvironment 0g [zero-gauge]にてSUBSTRATUMを主催する《KENTARO HAYASHI》、エクスペリメンタルなライブセットで注目を集め大阪や神戸など関西を拠点に活動している音楽家《Kazuto Yokokura》、nonlinear-nauts主宰の《NASAA》等、注目のライブアーティストやDJが多数出演。

<main act >
CHRA (Editions MEGO/comfortzone)
Fumitake Tamura

 
<special showcase>
Tsuyoshi Otabe + Akiyuki Okayasu from BLOCKS modular

 
<live>
RoKu (Revirth/Hz-records)
Ikuko Morozumi / Iku (Detroit Underground/shrine.jp/future disorder)
Junya Tokuda (shrine.jp)
KENTARO HAYASHI
Kazuto Yokokura
Distra (Electric Pressure)
Matins
NASAA (nonlinear-nauts)

 
<DJ>
circus (FANG/torus)
Akey
Yoshitaka Shirakura (conflux)
Yusuke Takenouchi (UNDULATION)
Miya

 
<VJ>
naoto bando
and more…

 
■Christina Nemec a.k.a CHRA(Editions Mego/comfortzone)
ミュージシャン、DJ,、ライターからTV/ラジオのプレゼンターなどオーストリア・ウィーンの電子音楽シーンにおいて幅広い活動を展開し、EditionsMEGO創設者のPITA (a.k.a Peter Rehberg)とのプロジェクト<Shampoo Boy>のメンバーとしての活動や、自ら主宰する個性派レーベル”comfortzone”よりこれまでにMika VainioやRESHAFT等の作品を世に送り出してきたオーストリア電子音楽シーンのゴットマザー。これまでにドイツ、ノルウェー、アメリカなど世界各国でライブ・パフォーマンスを展開。2017年12月、オーストリア・ウィーンの名門電子音響レーベル『EditionsMEGO』からダークアンビエンスの新たなる傑作「On a Fateful Morning」をリリース。
—–


■Fumitake Tamura
ザラついた音の質感を綿密に構成し、様々な音楽を横断していくアーティスト。自身の作品はもとより、国内外のアーティストとの共作も多数手掛ける。クリエイティビティーを高く掲げたレーベル “TAMURA” を設立し、常に挑戦的な作品のリリースを続けている。
http://www.fumitaketamura.com/
・Discography
2012年 アルバム「BIRD」を “commmons”より限定リリース
同アルバムが 米 Alpha pup Records より、ワールドワイドリリース
2013年 最新アルバム「MINIMALISM」を ロシアのレーベル”ritmo sportivo”よりリリース
・Live
2012年 SonarSound Tokyo 出演
L.A, DublabでのLive、またL.Aの伝説的パーティー Low End Theoryへの出演
2013年 香港でオーディオビジュアルアーティスト Kondo Tetsuと共演

PAGE TOP