中目黒Solfa(中目黒ソルファ)

  • Solfa公式Twitter
  • Solfa公式Facebookページ
HOME > SCHEDULE

SCHEDULE

06.22 Fri 2018

OPEN 21:00

Toshiyuki Goto × TOSHIO MATSUURA × JUZU a.k.a. MOOCHY supported by bamboo

DOOR:2,500YEN , WITH FLYER 2,000YEN

GENRE:HOUSE , OTHER

solfa_0622_front solfa_0622_back

 

<ROOM 1>
Toshiyuki Goto
TOSHIO MATSUURA (TOSHIO MATSUURA GROUP)
JUZU a.k.a. MOOCHY
U-T(flashin’)
FAT PEACE(flashin’)

 

<ROOM 2>

Sayuri × Zukarohi (ブロークンビーツ酒場)
Masaki nakamura
DJ Emerald
SANCHE (Shaman)
Kan

 

33967242_10156039157047655_1950461004072615936_n

□Toshiyuki Goto□

80年代後期より、都内各クラブでDJ活動をスタートさせる。91年に突如単身渡米。1994-96年の間、ニューヨークAcmeDiscoのDJとして活躍。同時に楽曲制作も積極的に行い、96年にFrancois Kのレーベルよりジャズキーボーディスト菊池雅章氏とのコラボレーションユニットMato名義での「Tribe」と「Drifting」(WaveMusic) で衝撃的なワールドビッグヒットを放ち本格的に制作活動をスタート。2002年にはToshiyuki Goto名義として初のフルアルバム「Two-Way Traffic」を発表。その後も「progressivefunk」そして2007年にはセカンドアルバム「No Illusion」を発表。国内/海外アーティストのリミックスも手掛け、国内のコラボレーションでは藤原ヒロシ、チバユウスケらとの作品も発表する。DJとしても2003の帰国後、西麻布YellowでのVoyage、代官山AirでのThe Garden、また日本のみならず、ニューヨークでのCielo、Club Shelter、ヨーロッパ各地でもプレイを行っている。2015年には韓国にて国際的建築家、安藤忠雄の教会のレセプションパーティーの音楽を担当し、スペインのイビサではMI-BIZAのクロージングパーティでプレイを行う。現在Contactでのサンデーアフタヌーンパーティ、DJ Bar Bridgeなどで精力的に活動する。

 

press photo big

□松浦 俊夫□

1990年、United Future Organization (U.F.O.)を結成。

5作のフルアルバムを世界32ヶ国で発表し高い評価を得る。

2002年のソロ転向後も国内外のクラブやフェスティバルでDJとして活躍。

またイベントのプロデュースやファッション・ブランドなどの音楽監修を手掛ける。

2013年、現在進行形のジャズを発信するプロジェクトHEXを始動させ、Blue Note

Recordsからアルバム『HEX』をリリース。

2018年、イギリスの若手ミュージシャンらをフィーチャーした新プロジェクト、

TOSHIO MATSUURA GROUPのアルバムをワールドワイド・リリース。

InterFM897 / Radio Neo “TOKYO MOON”(毎週日曜17:00

Gilles Peterson’s Worldwide FM ”WW TOKYO” (第1&3月曜19:00) 好評オンエア中。

http://www.toshiomatsuura.com

https://www.mixcloud.com/toshiomatsuura/

 

jakam_02

 

□JUZU a.k.a. MOOCHY□

10代からバンドとDJ両方の音楽活動を並行して始め、スケートボードショップViolentGrindで知り合ったメンバーで結成されたバンドEvilPowersMeの音源は、著名イラストレイターPusheadのレーベルからリリースされる。15再から始めたDJでもその革新的でオリジナルなスタイルが一世を風靡し、瞬く間に国内外の巨大なフェスからアンダーグランドなパーティまで活動が展開される。 ソロの楽曲制作としても米GRAND ROYALからのBUFFALO DAUGHTERのリミックスを皮切りに、BOREDOMS等のリミックスも含めメジャー、インディー問わず様々なレーベルからリリースされ、電子音楽、インプロビゼー ション、民族音楽、そしてあらゆるダンスミュージックを内包した作品群は、キューバを皮切りに世界各地のミュージシャン達とも録音され、新たなWorld Musicの指針として、自ら立ち上げたレーベルCROSSPOINTから精力的にリリースされている。 近年は音楽制作のみならず、映像作品、絵本や画集 のプロデュース、また野外PARTY,ONENESS CAMP”縄文と再生”を企画するなど活動は多岐に渡る。 2015年から始まった怒濤の9ヶ月連続ヴァイナルリリースは大きな話題になり、その年末にはCD2枚組のソロ4作目のアルバムをリリース、その影響で2016年、2017年連続でベルリン/イスラエルのレーベルMalka Tutiから12インチヴァイナルがワールドワイドにリリースされ、それらの楽曲も海外で大きな話題になる。その年には13組の若手プロデューサー達によるリミックスアルバム「Counterpoint RMX」も発表、また30年来の友人であるDJ TASAKAとの共作アルバム「HIGHTIME Inc. Alchemist Now!」も発表。
NITRO MICROPHONE UNDERGROUNDのMACKA-CHINとPART2STYLEのMaLとのユニットZEN RYDAZとしての活動も2018年からスタート。 またJ.A.K.A.M.名義の新曲がフランスの新レーベルからアナログリリースされるのもあり、今年春にはNuits Sonores Festivalでのライブを皮切りに久々のヨーロッパツアーが敢行される。

http://www.nxs.jp/

http://soundcloud.com/crosspoint-1

 

PAGE TOP